[Alexandros]

[Alexandros]

「さがみはらチアリングパートナー」とは、「私が好きな相模原の魅力を伝えたい」「多くの方に知ってほしい」
そんな想いを自分らしい表現方法で発信してくださる方のこと。
個人の方はもちろん、企業や団体、キャラクターなど、対象に制限はありません。
ここでは、相模原出身のバンド[Alexandros]の皆さまを始め、多方面でご活躍されている
「さがみはらチアリングパートナー」の皆さまからのメッセージをご紹介します。

「私もさがみはらチアリングパートナーです!」
という皆さまへ

お申し出があった方にオリジナルの「さがみはらチアリングパートナーキット」をお渡しします。

「さがみはらチアリングパートナー」ノベルティキットの内容

  • 専用ケース 1つ
  • 証(あかし)カード 1枚
  • ステッカー(防水) 1枚
  • むすびステッカー(防水)2枚
  • 「さがみはらチアリングパートナー」の皆さまへの感謝の気持ちを込めてカードなどをお持ちの方が参加できる企画を不定期で開催します。お楽しみに。

1. 受け取り方法

(1)直接の受け取りを希望する方

観光・シティプロモーション課の窓口でお申し出ください。職員が概要を説明の上、キットをお渡しします。

住所:相模原市中央区中央2-11-15 相模原市役所本庁舎 本館3階
受付時間:平日午前8時30分~午後5時(年末年始除く)

(2)郵送での受け取りを希望する方

専用フォームに必要事項を入力後、ご入力いただいたご住所にお届けします。(発送は日本国内に限ります)

専用フォームに入力する

2. 注意事項

  • お一人様1セットのお渡しとなります。複数の方がご希望される場合は、お一人ずつお申込みください。
  • 郵送でのお申込みの場合、専用フォームに入力後1ヶ月程度でお届けします。(発送は日本国内に限ります。)
  • なくなり次第、今年度分のお渡しは終了となります。その場合は翌年度のお渡しとなります。
  • 第三者への譲渡・転売は行わないでください。
  • 通信料はお申込みいただく方がご負担ください。

「さがみはらチアリングパートナー」の
皆さまからのメッセージ

国内のロックフェスティバルに数多く出演しヘッドライナーを務め、TVドラマや映画・CMなど多岐にわたる楽曲提供を行うなど、幅広い層に支持されている。
2023年、相模女子大学グリーンホールにて凱旋ライブを開催した。
■メンバー: 川上洋平(Vo&Gt)、磯部寛之(Ba&Cho)、白井眞輝(Gt)、リアド偉武(Dr)

他のメッセージを見る

[Alexandros]

相模原は僕の青春が詰まった地です。
初めて友情を知って、初めて恋をして。
初めてバンドを組んだ土地でもあります。
そんな故郷をやはり愛さずにはいられません。
仕事柄、日本全国や海外にも出向くことがありますが、各地の人達にもっとこの素敵な地を知ってもらいたいなという思いが沸々と芽生えました。
身近にあると気付かなかった部分も、現在になってその素晴らしさに驚かされます。
これから外に向けて、そして、内に向けても自分なりの発信をしていければと思っております。

とりあえず名物の料理でも創りましょう。

川上洋平 (Vo&Gt)

2002年ムード歌謡の伝説的グループ、「和田弘とマヒナスターズ」に加入。以後二年間和田弘氏逝去まで同グループにて活動。グループ解散後はソロで活動。寄席・お笑いライブにも進出。
ムード歌謡漫談という新ジャンルを確立し、異端な存在となっている。
相模原市名誉観光親善大使

他のメッセージを見る

タブレット純 さん

たとえば相模原クンがクラスメイトならば、きっとこういう人かと。普段は無口だけど、何かボソッと一言で笑わせてくれる、ひそかな人気者。落ち込んでいる時に、そっと肩を叩いて寄り添ってくれる、心優しき無頼漢。そして、付き合えば付き合うほどに、深い味わいがにじむ魅力の宝庫。相模原クンよ。派手な都会に媚びることはない。口笛に牧歌をぶらさげて、ぶれずに水と緑を澄ましていてほしい。
それはぼくにとって、故郷という名の合わせ鏡なのだから。あれ?昔の青春ドラマの見過ぎでしょうか。とにかく生きてることは懐かしい、そんな風にそよがせてくれる相模原が大好きです。

JAXA宇宙科学研究所教授。相模原が大好きな宇宙工学者。
2020年に地球帰還に成功したはやぶさ2のプロジェクトマネージャーを務めた。
相模原市名誉観光親善大使

他のメッセージを見る

津田 雄一 さん

相模原は実は宇宙のまちです。「はやぶさ2」などの宇宙ミッションの生まれ故郷、JAXA宇宙科学研究所があります。一般に解放された展示館に来る子供たちが目を輝かせて見学しているのを見るととても嬉しくなります。
相模原は私にとって、家族や友人との思い出がつまった大切な場所でもあります。広大で緑豊かな相模原麻溝公園で遊んだり、地元とは思えないほど盛大な「相模原市民桜まつり」や「東林間サマーわぁ!ニバル」に出かけたり。
文教を大切に、私のふるさと相模原がますます発展することをお祈りしています。

世界の第一線でトップモデルとして活躍。モデルの他、テレビ、ラジオ、イベントのパーソナリティ、俳優など様々な分野にも精力的に挑戦。日本人として唯一無二のキャリアを持つスーパーモデルとして、チャリティ・社会貢献活動や日本の伝統文化を国内外に伝える活動など、その活躍の場をクリエイティブに広げている。
相模原市名誉観光親善大使

他のメッセージを見る

冨永 愛 さん

相模原は私が小学生の頃から暮らしてきた場所です。
自然が豊かで、私自身、子育てをしていた場所でもあります。
高田橋で開催している相模原納涼花火大会は子供の頃から通いましたし、思春期のころは、友人とよく街に出かけていました。
ほかにも沢山素敵なところがある相模原を、これからも応援していきたいと思います。

1957年神奈川県生まれ。1981年茨城放送入社。
フリーを経て1991年文化放送入社。定年退職後フリーアナウンサーとして活動中。文化放送「くにまる食堂」のパーソナリティ。
相模原市名誉観光親善大使

他のメッセージを見る

野村 邦丸 さん

相模原は緑が本当に多いです。私は月曜から金曜まで東京の浜松町に通い、土日はなるべく相模原から出ないようにしています。
ウォーキングで緑が多いところを歩いているとスイッチオフができます。
中学の同級生はウォーキングだけではなくラーメン屋巡りもしています。相模原にはラーメンの名店が沢山あり、市外からラーメンを食べに来る方もいらっしゃいます。そして横浜線や相模線に乗ってあてどなく旅をする人もいます。私は淵野辺から相模川まで歩いて帰る、そして内陸工業地帯を歩くのも好きです。こんな工場があるんだという発見があります。その場では調べず、家に帰って歩数を計算して消費カロリーを確認しながら歩いて見てきた工場を調べて「こんなのを作っているんだ!」と社会勉強をしています。これが見どころ!というよりはフラッと歩いて、あてどもなく行ったところにめっけものが多いのは相模原のいいところです。なんてったって広いからね。

相模原市出身在住。毎日新聞社を退社後、写真家となる。木村伊兵衛写真賞、土門拳賞、毎日芸術賞、紫綬褒章、旭日小綬章などを受賞。相模原市総合写真祭フォトシティさがみはら構想創案者。

他のメッセージを見る

江成 常夫 さん

 私のアイデンティティの根底にあるのは生まれ育った相模原への郷土愛があります。相模原には、雄大な相模川や風光明媚な素晴らしい自然環境があり、これからも変わらずにあり続けてほしいと思っています。
 また、私は写真家として活動していますが、文化人の想いや思想、歴史を意識し、それを伝えるべく一生涯を掛けて取り組んできました。私が立ち上げに携わり、2001年より開催している「フォトシティさがみはら」は、相模原市の精神文化の育成に寄与しているものだと感じています。
 精神文化の向上、文化都市として更に成長していくために、写真家土門拳氏を輩出した山形県酒田市のようにシビックプライドのシンボルとなるような美術館施設が誕生し、人を育てる土壌となってほしいと願っています。

東京生まれ。相模原市在住。美術家。芸術選奨文部科学大臣賞、紫綬褒章、毎日芸術賞などを受賞。2024年4月6日~札幌芸術の森美術館にて個展を開催。

他のメッセージを見る

遠藤 彰子 さん

私が東京から相模原に引っ越してきたのは50年以上も前のこと。当時の大野中地区には家が数件しか建っておらず、周りには畑と森林が広がっていました。現在の相模原中央緑地(木もれびの森)の辺りでは、散歩の道すがら狸やキジを見かけたこともあり、そうした経験が純粋な喜びとなって、「楽園」をテーマに絵を描きはじめたことを今も思い出します。その後、街へと発展していきましたが、自然と都市とが共生している相模原は、今でも私のイメージの源泉となっております。

相模原市在住。洋画家。長年にわたり相模原芸術家協会の会長を務め、相模原の芸術活動を推進。安井賞、相模原市民文化表彰など受賞。女流画家協会委員。

他のメッセージを見る

上條 陽子 さん

相模原の一番のお気に入りは「木もれびの森」です。住宅街にこんな素敵な森があり、散策するだけで心が穏やかになります。いつの日か、森の中で展覧会できたらなとも思っています。こんな素敵な自然がある相模原が大好きです。この先もずっとあり続けてほしい私のお気に入りの場所です。

集英社の少女漫画誌「りぼん」にて、中学天文部での恋を友情を描く「レオと三日月」を大好評連載中!2023年7月に市立博物館でコラボ展示を実施。

他のメッセージを見る

木下 ほのか さん

相模原は、私の憧れである「JAXA」のキャンパスがある街! 遊びに行った時は興奮しました。すぐ隣にある市立博物館もプラネタリウムを備えた豪華な施設!“宇宙を身近に感じられるまち”というキャッチフレーズにピッタリな相模原の魅力をもっと色々な方に知ってもらえますように!

神奈川フィルハーモニー管弦楽団ホルン奏者
相模原音楽家連盟 理事
元・相模原市シティセールスサポーター

他のメッセージを見る

熊井 優 さん

相模原の中学高校で吹奏楽に熱中し、音楽が人生の羅針盤に。音楽家連盟を代表して市の魅力をPRするシティセールスサポーターとなり、政令指定都市移行以来14年を過ごしてきました。空が広く緑いっぱいのこの街で、子どもたちが生きた音楽に触れ、根っこのしっかりした心豊かな人になっていくのを支える活動に力を注ぎたいと思っています。

1992年8月22日生。神奈川県出身。ミキハウス所属。飛込の選手だった両親の影響で幼少時から始める。リオ五輪・東京五輪へ出場し、現在はパリ五輪に向けて競技に取り組んでいる。
相模原市ホームタウンアスリート

他のメッセージを見る

坂井 丞 さん

相模原は、生まれてからずっと住んでいる所なので、感慨深い場所です。練習場所でもある、横山公園には飛込プールや、サッカー場など、様々なスポーツに触れることができる場所や、相模川では花火や釣り、津久井湖城山公園ではハイキング、ドライブをしながら四季を感じることが出来るなど、自然に触れることのできる場所が沢山あります。多くの人に相模原のいいところをもっと知ってもらい、「さがみはらチアリングパートナー」になってもらって、相模原の魅力を発信する人がたくさん増えますように。応援しています!

2015年~東京パラリンピックまで車いすテニス日本代表チーム監督を務めた。
現在は、日本パラスポーツ協会ハイパフォーマンスマネージャーとして競技団体をマネージメントしています。
また、FMHOT839にて毎週水曜日19時~19時30分「なかラジ!」パーソナリティーとしても活動をしています!番組を通じて相模原市が障がいの有る無しに関わらず皆が自然に混ざり合えるまちになることを願っています!

他のメッセージを見る

中澤 吉裕 さん

相模原は都心までのアクセスが良い街です。
そして子供が楽しめる施設が豊富にあります!なかでも麻溝公園はお勧めです。ふれあい動物広場・アスレチック・広い芝生・展望台・こども広場・カフェなど子供も大人も楽しめる空間で私も楽しんだ思い出があります。
お勧めスポットは沢山のキャンプ場&花火!
自然に囲まれ新鮮な空気でリフレッシュし、更に釣りができる施設もありますので新鮮な魚をBBQで美味しく頂けますよ!
更に、相模原市納涼花火大会は毎年約8000発打ち上げ~!が大迫力で見れます。
都会と田舎的な雰囲気を融合し障がい者にも配慮があるinclusiveな町です!

青山学院大学 陸上競技部監督/地球社会共生学部 教授
広島県三原市出身
箱根駅伝では6度の総合優勝を誇る。
相模原スポーツ宣伝大臣

他のメッセージを見る

原 晋 さん

私が相模原で思い出に残っていることは、2015年に箱根駅伝で初優勝した際に「大野北地区まちづくり会議」および「にこにこ星ふちのべ協同組合」主催で開催していただいたパレードです。
練習拠点でもある淵野辺の皆さんをはじめ、約2万5000名の方々が沿道に駆けつけてくださり、日頃から応援してくださる皆様と喜びを分かち合えたことを大変嬉しく感じました。市民の皆様の温かさを感じることのできたこのパレードは特に印象に残っております。
相模原市の皆さんに良い報告がし続けられるよう、今後もチーム一丸となって取り組んでいきます!

人権・共生社会・心のバリアフリーなどをテーマにエッセイを書き、現在までに25回上位入賞。
元・相模原市シティセールスサポーター

他のメッセージを見る

保田 健太 さん

相模原は大きな公園も多く、自然や動物と触れ合い体験が出来ます。
私はポニーに乗るのが好きでした。
山や川や湖にはキャンプ場も多く、釣りやバーベキューなどが楽しめます。
私も釣った魚を焼いたり燻製にして食べ、楽しかった思い出があります。
また、季節毎に様々なイベントやお祭りが開催されます。
大きな会場では、コンサートや落語なども楽しめます。
そして、スポーツ施設も多く、私も中学から週1回ジムや水泳に汗を流しました。

相模原市出身在住。
2014年 日本クラウン 2018年 徳間ジャパン
師事:作曲家 榊薫人
キャッチフレーズ 後ろを向いても“まえ”、前を向いても“まえ”いつも前を向いて進んでいます。
2018年「相模夢慕情」をリリース
元・相模原市シティセールスサポーター

他のメッセージを見る

まえ みつこ さん

相模原で生まれ相模原で育って相模原で現在も住んでいるということはとても住みやすいところと確信しています。想い出としては、田名の河原で遊び、地域のお祭り、盆おどり、人と人とのコミュニケーションの場所としては最高の場所です。いろいろな行事としては、桜まつり、若葉まつり、上溝夏祭り、七夕まつり、花火大会、湖上祭、大凧あげ、元気が出てくるイベントがいっぱいです。
子供達、家族で楽しめる大島キャンプ場、相模湖プレジャーフォレスト、宮ヶ瀬ダム、いっぱい、いっぱい楽しめる場所です。ぜひ一度相模原へ来て欲しいです。

MC・歌手・ラジオパーソナリティ・YouTuberとして活動中。
親近感が湧く明るいキャラクター、人を惹きつけるようなMC、そしてハスキーボイスで力強い歌声は、聴く人観る人を魅了する!
元・相模原市シティセールスサポーター

他のメッセージを見る

Mika(みか) さん

私にとって「相模原」は第二の故郷と言っても過言ではないほど、長年にわたりお世話になっている街であり、大好きな場所です!
相模原のみなさんが育ててくださったおかげで、歌手、ラジオパーソナリティ、MCとしての活動を通し、自分の夢をたくさん叶える事ができました!
そして相模原市では「市民桜まつり」「相模の大凧まつり」「上溝夏祭り」「さがみ湖湖上祭花火大会」「橋本七夕まつり」「相模原納涼花火大会」「潤水都市さがみはらフェスタ」をはじめ、通年各区でもさまざまなイベントやお祭りが開催されています!
1年中楽しみがある街 相模原!!
今後さらにたくさんの方に愛されるように引き続き応援していきます♡

広告デザイン国際賞「ニューヨークADC賞」を受賞し、企業とのコラボ迷路や、巨大迷路の監修などを多数手掛ける迷路クリエイター。2023年8月から相模原市とコラボ。

他のメッセージを見る

吉川 めいろ さん

公式SNSアカウント同士の楽しい交流を通して相模原の多彩な魅力を知り、以前、市内3区の形を迷路にしたカード「MEICA」と「さがみん」の迷路シートを無償提供しました。
多くの方が迷路をきっかけに市内を周遊する様子をSNSで拝見し、地域の魅力の再発見に繋がっていたら嬉しいなという気持ちです。
相模原を訪問したときには、まちやひとの雰囲気が穏やかでもっと好きになりました!
これからも相模原市のシティプロモーションを私ならではの関わり方で応援していきたいです。

漫画家。西洋の甲冑好き。
漫画「#神奈川に住んでるエルフ」と相模原市のコラボ展示を2023年2月に相模原市役所で実施。神奈川新聞日曜版で「#神奈川に住んでるエルフのおさんぽ」の連載を開始。

他のメッセージを見る

鎧田 さん

相模原市役所の皆さんには、マンガの取材、市役所でのコラボ展示を通して様々にご協力いただきました。
取材や観光で何度も訪れていますが、相模原の魅力を毎回発見しています。
どんなに小さなことでも「いいな。好きだな」と感じたことは相模原の魅力のひとつです。皆さんも「さがみはらチアリングパートナー」として相模原の魅力を発信してみませんか?

相模原市在住の歌手、MC、ナレーター。商店街ソングや園歌などを手掛け、故郷をテーマにした曲多数。2009年「想いを~てるて姫ものがたり~」でデビュー
元・相模原市シティセールスサポーター

他のメッセージを見る

RUU(るぅ) さん

緑と水源豊かな相模原、緑区在住の私は、大島坂から大島キャンプ場へ向かう景色が故郷の一番好きな景色です。大学で4年間、故郷から離れたときに帰ってくるとホッとする景色でした。駅周辺はこれからどんどん変わっていきますが、都心へのアクセスも自然へのアクセスもしやすい相模原は沢山の方に住んで頂きたい誇れるふるさとです。人のパワーと人の優しさ、心の通い合う相模原を目指して、自らが好きな相模原を大切にしていきたいと思います。

相模原みどり幼稚園卒園、相模原市立橋本小学校・旭中学校を卒業し、相模原で育ってきました。水泳に出逢ったのもこの相模原市で相模原ドルフィンクラブに通っていました。現在も相模原市在住です。

他のメッセージを見る

小堀 倭加 さん

相模原は、水泳に出会った場所であり、友達との思い出もたくさんできた大切な場所です。夏には橋本七夕祭りに行ったり、毎年さがみはらグリーンプールで行われるたくさんの水泳の試合に出場しています。
ほかにも「アンファンネージュ」というケーキ屋さんや「CHERRY’S」というステーキハウスなどおすすめの美味しいお店がたくさんあります。
今も住んでいる相模原について、より多くの方々にもっといいところを知ってもらい、「さがみはらチアリングパートナー」になっていただけたらなと思います。
相模原市の魅力に気付いていただき、周囲に発信する人が増えてくれたら嬉しいです。応援しています。

神奈川県・相模原市をホームタウンとし、ラグビーの日本最高峰リーグ「リーグワン」で戦うトップチーム

他のメッセージを見る

三菱重工相模原ダイナボアーズ

1971年に創部し、50年以上相模原の地で活動してまいりました。ラグビーの普及のみならず、地域イベントへの参加や交通安全運動など幅広いアクションを継続。「相模原の魅力はダイナボアーズ!」そういう存在を目指し、引き続き努力してまいります。
相模原ギオンスタジアムをホームスタジアムとして、毎年12月~5月に公式戦を戦っていますので、ともに相模原を盛り上げてまいりましょう!

Jリーグクラブ「SC相模原」の広報部ホームタウン担当の社員。
2016年9月入社。主にマスコット業務を行なっている。

他のメッセージを見る

SC相模原 (ガミティ さん)

サッカーチームSC相模原の広報部ホームタウン担当のガミティだよ!
相模原はおいしいものがいっぱいあってぼくは大好き!SC相模原のホームゲームのときには、フードパークに地元の美味しいものが種類豊富に集まって、グルメを楽しみながらサッカー観戦ができるよ!
ホームタウン相模原のイベントやお祭りにももっと遊びに行きたいなー。
これからも相模原の素敵なところをたくさん発信できるようにがんばります!

相模原市に活動拠点をおく、WEリーグ所属女子プロサッカーチーム

他のメッセージを見る

ノジマステラ神奈川相模原

相模原市は、ノジマステラ神奈川相模原のメインの試合会場である「相模原ギオンスタジアム」そして、練習場の「ノジマフットボールパーク」があり、スポーツが盛んな活気溢れるまちです。私たちはホームタウンチームとして相模原の魅力を発信し、サッカーを通じてもっともっと相模原を盛り上げていきたいと考えています!「さがみはらチアリングパートナー」として共に相模原を盛り上げていきましょう!!

★この取組の背景

相模原市が「シビックプライド」(※)という言葉を使用した条例「さがみはらみんなのシビックプライド条例」(全国初)を制定し、それに基づいて「さがみはらみんなのシビックプライド向上計画」を策定したことが背景にあります。
これらの目的は、市内外を問わず相模原に関わりのあるみんなのシビックプライドを高めること。
「さがみはらチアリングパートナー」の取組やこのサイトの公開は、その具体的な活動のひとつです。

  • 「シビックプライド」・・・まちへの「誇り」「愛着」「共感」をもち、「まちのために自ら関わっていこうとする気持ち」のこと