header
header

さがみはらインフォメーション

SAGAMIHARA FUNCLUB

相模原市のまちのニュース & ファンサイトからのお知らせ

今週のまちのニュース

■2021/09/16

「皆で勝ち取った金メダル」

パラ・伴走者青山由佳さん リオの経験糧に献身貫く

(上)日本選手団のブレザーを着用し、贈られた花束に笑顔を見せる青山さん(下)本村市長らに対して行った金メダルの報告会=8日、市役所

 東京パラリンピックの陸上女子マラソン視覚障害クラスで金メダルを獲得した道下美里選手(44)の前半の伴走者を務めた、市職員の青山由佳さん(35)=南区在住=が8日、市役所での報告会と記者会見に臨み、笑顔で喜びを語った。銀メダルだった前回のリオデジャネイロ大会での経験を踏まえ、その言葉からは自ら猛練習に励みながら道下選手のサポートに尽くした達成感がにじんだ。金メダル獲得に尽力した栄誉をたたえ、青山さんには自身2度目となる称讃の楯が贈られた。

 報告会では、本村賢太郎市長から競技を終えてからの様子を聞かれると、青山さんは「(競技の)翌日から走ってます」と笑顔で答え、周囲を驚かせた。レースについては、前半は体力を温存し後半に勝負をかける作戦を考えていたことを明かし、中盤で先頭に立っていなかったとしても「相手のランナーが見える状況でつなぐことを一つの目標にしていた」と振り返った。後半の伴走者に託した後も緊張が止まらなかったといい、道下選手がトップでゴールしたときには「ほっとした」と吐露した。

 青山さんは金メダルの画像や道下さんらとの記念写真などを紹介。それを受け、本村市長は市職員として金メダルの獲得に貢献したことに対し、全国からたくさんの祝福のメッセージが届いたことを伝え、「72万市民に大きな感動を与えてくれた、ありがとう」と感謝の気持ちを示した。

道下選手と切磋琢磨

 青山さんは道下選手の伴走者を2015年から務めている。

 以前、道下選手の伴走者は男性だけが担当していたが、遠征などで長期にわたる活動を伴う際に女性の伴走者が必要に。そこで、身長が144cmと小柄な道下選手の背丈に見合う女性ランナーを探していたところ、ハーフ・フル不問でマラソンレースに出場していた青山さんに白羽の矢が立った。

 打診を受け、「健常者の女性でもフルマラソンで3時間のタイムを切るのは相当難しいのに、目が見えない状況で3時間を切るなんてどんな練習をしているのか会ってみたい」と思ったのが出会いの始まりだ。

 2人は「みっちゃん」「(青山さんの青の頭文字から派生して)あおいちゃん」と呼び合う間柄だが、リオでは道下選手の精神面への配慮が不十分だったことを悔やみ、「課題ばかりだった」と思い返す。

 あれから4年が経ち、さらにコロナで1年延期となったことで、時間を決めて互いに同じ行動を取ったり、電話で考えや思いを共有するなどしてこれまで以上にコミュニケーションを深めた。それが結果として表れ、今大会に臨むに当たっては、道下選手がより状況を話しやすくなったのに加え、自身も時に厳しく指摘できる関係を構築することができた。

 走力の向上にも力を注いだ。月間800キロメートルをこなすなど練習量をアップ。心身共に成長を遂げ、本番でも「作戦通り。内容もほぼ完璧なレースだった」。

 大会に専念できる環境が整ったことも後押しとなった。市スポーツ推進課をはじめとした職員たちは、青山さんの負担を軽減するため、それぞれ分担して業務を進めるなど協力。「道下さんを支えるチームはもとより、私も職員の方々に助けられ、皆で勝ち取った金メダル」と話し、一丸となってつかんだ成果を強調した。

「世界一幸せな伴走者」

 レース後、道下さんから「最高の伴走者」と称賛されたのを受け、「何て言えばいいか、わからないくらいうれしい」と笑顔がこぼれ、「私は世界一幸せな伴走者です」と充実した表情を浮かべた。東京開催で注目度が高かった今大会。それだけに、周囲からの期待の高さ、多大な応援を実感した。「つらい時はそれが励みになり、乗り越えることができた。関わってくださった全ての方々にありがとうと伝えたい」

 5年越しに道下選手とたどり着いた、世界の頂点。あふれ出る言葉は喜びと感謝に満ちていた。
 

情報提供元:(株)タウンニュース社

この記事をシェアする