header
header

さがみはらインフォメーション

SAGAMIHARA FUNCLUB

相模原市のまちのニュース & ファンサイトからのお知らせ

今週のまちのニュース

■2021/07/22

接種体制を見直し

供給量の減少受け

 新型コロナウイルスワクチンの国からの供給量が減少していることから、市は集団接種会場の新規の予約枠数を縮小する。8月2日(月)からの集団接種会場の新規予約については土曜・日曜のみとし、一部の会場は休止する。医療機関での個別接種の新規予約も順次縮小する見通し。

 土日に接種を行うのは津久井生涯学習センター、橋本公民館、国民生活センター相模原事務所、南保健福祉センター、イトーヨーカドー古淵店の5カ所。7月15日・22日に1回目の接種を済ませた人は3週間後に同会場、同時間で2回目の接種が受けられる。

 新規予約を一時休止するのは、相模原北メディカルセンター急病診療所、相模原市役所職員会館体育室、相模原南メディカルセンター大会議室。ただし、新規予約を一時休止する会場でも、8月1日(日)までに1回目の接種を済ませた人に限り8月22日(日)までの期間で2回目の接種を行う。相模原北メディカルセンター急病診療所では優先接種の対象者(保育士、教職員など)の接種を実施する。

予約受付日の状況

 予約受付を開始する年齢区分について、54歳以上の人の受付日は集団・個別接種ともに7月28日(水)で、受け付ける接種期間は8月15日(日)まで。

 同じく50歳以上の人の受付日は集団・個別接種とも8月4日(水)・11日(水)で、受け付ける接種期間は4日が8月22日(日)まで、11日が8月29日(日)まで。8月18日(水)以降に予約を受け付ける対象年齢は、今後の供給量の見通しを踏まえて決定する。

 予約をするにはワクチン接種コールセンター(【電話】050・5445・4357、【電話】042・767・2101)への電話、またはウェブサイト、LINEからの3つの方法がある。
 

情報提供元:(株)タウンニュース社

この記事をシェアする