header
header

さがみはらインフォメーション

SAGAMIHARA FUNCLUB

相模原市のまちのニュース & ファンサイトからのお知らせ

インフォメーション

■2020/12/16

「はやぶさ2」カプセル帰還を見守ったパブリックビューイングの様子

 12月6日、はやぶさ2プロジェクトにより、惑星リュウグウのサンプルを格納したカプセル帰還が成功し、全国で大きな賑わいを見せております。

 相模原市内でも、ミッションのクライマックスの瞬間を見守り応援するパブリックビューイングが相模原市立博物館と市民会館で実施されていました。

【第1部】

〇JAXAのライブ配信を見守っている様子

 ライブ配信のなかでは、オーストラリアの回収班からの中継で、特別隊員として現地へ同行している相模原市公式マスコットキャラクターのさがみんが紹介されていました。

  〇銀河連邦共和国7市町・JAXA相模原キャンパスとオンライン通信

  JAXAのライブ配信のなかで、銀河連邦共和国7市町とJAXA相模原キャンパスをつないだ中継。ミッションの大一番を迎える「はやぶさ2」に会場から「がんばれ!はやぶさ2!!」のエールを送りました。

〇カプセル分離成功に湧く会場の様子

カプセル分離成功の報告で、会場にも大きな拍手が起こりました。

【第2部】

 〇JAXA宇宙科学研究所村上豪助教による講演の様子

 「はやぶさ2」や、ご自身が携わる国際水星探査計画の紹介をしていただきました。

 〇カプセル大気圏突入前のJAXA相模原キャンパスと会場との中継の様子

 ライブ配信解説の大川氏と会場の方と手を振りあって、これから始まるライブ配信への期待感が高まっていきました。

  〇カプセルの大気圏突入を見届けた後の様子

 カプセルの大気圏突入を確認し、プロジェクトへの祝福メッセージを掲げる参加者もいました。

〇会場にて記念撮影

  多くのご家族の参加もあり、パネル展示や写真撮影スポットなどでも、パブリックビューイングを楽しんでいました。

〇たくさんの取材陣も来ていました

 はやぶさ2の衣裳を身に纏って帰還を楽しみにしている参加者もいました。

この記事をシェアする